DX戦甲変型合体 ザブングル
クローバー
1982年発売 定価4800円
※定価は箱のNoから推測しているので実際の価格と異なる場合があります。




1982年放送のアニメ「戦闘メカ ザブングル」に登場するWM(ウォーカーマシン)。

DX戦甲変型合体というゴツイネーミングと
大きくドーンと描写されたザブングルが素晴らしいボックスアート。

内蓋のデザインもスタイリッシュです。

同じ時期に再販されたザンボット3も
似た雰囲気のパッケージデザインでした。

※本体は胸プレート、股間、膝を塗装してます。



箱 側面
左右どちらも同じです。
箱の正面もそうですが、独特の色使いが素敵です。



箱 天面・低面



付属品

ブングルコックピット、ラインホイール、アームホイール
ビームガン、ミサイル砲、ロケットパンチ
ブングルフロント装甲カバー、フィギュア6体
ジョイント長、ジョイント短
ミサイルA、ミサイルB、ミサイルC

※ジョイント長、ミサイルAそれぞれ1つずつ欠品しています。



説明書とステッカー
ステッカーは未使用。



付属のフィギュア
白1色でランナーパーツについています。
サイズは約2cmと非常に小さいにもかかわらず
主要キャラクターがしっかり作り分けられています。
左からダイク、ラグ、エルチ、ジロン、ブルメ、チル。





フロント装甲、ジョイント、ホイール前後を装着。



ブングルスキッパー
ザブングル上半身を構成するマシン。

本体底部にダイキャストを使用しています。



キャノピーの開閉
クリアパーツ製のキャノピーの内部にはコクピットが造形。
付属のフィギュアを4体乗せることができます。

ザブングルらしい素敵なギミックなのですが
何故か説明書には表記がありません。



機首にミサイルをセット
赤いスイッチを押すと発射します。

※どのミサイルを使うのか説明書に指定がないので
適当に合いそうなものを装着してます。








ブングルコックピットを装着。



ブングルローバー
ザブングルの下半身を構成。

後部(スネ)部分ほとんどダイキャスト製。
コロ走行できます。



コクピットギミック
スキッパーと同じくキャノピー開閉可能で
フィギュアを2体乗せることができます。



ミサイルを装着
発射スイッチはミサイル装着部の底にあります。








ブングルトレーラーへ



スキッパーはウイングを閉じジョイントを外しホイールを再装着。
ローバーはウイングを畳みます。



ブングルトレーラー
別名ザブングルカー。
劇中の様にスキッパーでローバーの牽引はできません。



6輪のタイヤで気持ち良くコロ走行します。






ウイング展開形態





ザブングル(ロボ)形態へ
フロントカバーとホイールを外し
スキッパーとローバーを一旦分離させます。



スネを伸ばし、カバーを開きます。



スキッパーを裏返して再合体させます。



肩と背中のウイングを開きます。



胸カバーを開けて頭部を出し
ホイールを装着して完成。




ザブングル
シンプルな合体変型でプロポーションや造形もしっかりしています。
色もヒロイックなブルーでいいですね。

※上記のとおり胸、股間、膝は黄色に塗装し
肩のステッカーは剥がしてあります。

本来なら胸と肩にプリズムステッカー、
股間と膝は柄のついたステッカーでした。



腕のスイッチを押してパンチ発射!
複雑な頭部デザインもしっかり造形されています。



可動は腕のみ。
ブングルローバー時に見えていた
足底の大きな車輪を使って直立状態でコロ走行もできます。



ビームガンとミサイル砲を装備。
どちらも先端からミサイルを発射できます。



フル装備



フィギュアと組み合わせてみました。
フィギュアが小さいのでスーパーロボット並みのサイズ感なりましたが
ザブングルらしいメカと人との関係性は楽しめます。



GX-28超合金魂ザブングルと。
魂ザブングルのスネは見事に変色してます・・・。
今度発売されるスーパーミニプラ版はどんな感じなんでしょうか。
ワクワクします。






FUN TO TOY>>合金TOY
 update2016/05/09