HI-METAL(ハイメタル) バリアブルエレクトリック
1/55 VE-1 エリントシーカー
バンダイ 1985年発売




ストライク、オストリッチに続き大迫力のパッケージ。
ポスターにして飾りたいぐらい素晴らしいイラストです。



1984年公開の劇場版「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」に登場する機体。

情報収集に特化した装備でバルキリーの中でもユニークな機体なのですが
登場したのは劇中序盤にワンカットのみだったりします。

2016年現在、残念ながら復刻はされておりません。



箱 天面・底面
エリントシーカーの貴重な3形態が描かれています。



箱 側面・左右



付属品
ミサイル、ガンポッド、アタッチメント、キャノピーカバー



説明書&ディテールアップステッカー



スーパーパーツ
新規造形パーツが多数あります。

※ブースターを装着するバックパックが欠品しているので
装着にはストライクバルキリーのものを使用しています。

※一部ステッカーを使用。





ファイター形態
VF-1A一般機よりもさらに渋いカラーリングです。
ノーズのアクセントカラーも素敵。



※足外側のモールドは塗装しています。



VT-1スーパーオストリッチと同じく複座式コクピット
他、新規モールド、主翼先端などもVT-1と同じです。








ガウォーク形態
※肩に復刻版のステッカーを使用しています。












バトロイド形態
VT-1と同じく非武装タイプな為、頭部はシンプルな単眼ですが
カラーリングと相まってヒロイックさを廃したリアルな外見。

リアルでありVF-1Aの様な量産機的な感じがしますね。

つま先のマーキングはVEに変更されています。



非武装ですがガンポッドが付属するので持たせてみました。
量産機っぽい外見にすごく馴染んでます。







スーパーパーツ装着

ファイター形態
底部のアンテナ、大型のレドームなど非常に特徴的な装備で
情報収集に特化した機体であることがよくわかります。

※底部アンテナの中心は塗装しています。






アンテナ・大型レドーム
アンテナは回転、付け根がそれぞれフレキシブルに可動します。
大型レドームは回転しませんがフレーム基部が可動します。



早期警戒電子偵察機エリントシーカー









劇中登場シーンの角度で








ガウォーク形態
劇中は後ろ姿ワンカットのみだったのでガウォーク形態は未登場です。















バトロイド形態
こちらもガウォークに引き続き劇中では登場しない形態です。
ファイター、ガウォークで目立ったレドームは健在。












ガンポッドを持たせてみました。
スーパーパーツ装備だとちょっと似合わないかも知れません。



パッケージイラスト風にしてみました。







おまけコーナー


スーパーパーツを各種並べてみました。
左からTFジェットファイアー、復刻版スーパー、オリジン版スーパー。
ストライク、オストリッチ、エリントシーカー。

他にもタカトク版と90年発売のハイメタル版スーパーパーツもありますが
それぞれ微妙に色が違います。



1/55バルキリーシリーズ大集合
マクロス艦も並べてます。



1982年、タカトクトイスから始まった1/55バルキリーは
バンダイへ引き継がれ大きな歴史となりました。

このシリーズの柿崎機(劇場版)とVF-1Dをいつか見てみたいと思ってます。



FUN TO TOY>>合金TOY
 update2016/02/25