可変メカシリーズ
サスライガー バトレインC-3
タカトクトイス
1983年発売




1983年放送のアニメ「銀河疾風サスライガー」に登場する主役ロボ。
J9シリーズ(ジェイナインシリーズ)の3番目。

これまでのJ9シリーズ玩具と違いホビー向けのパッケージデザインで
番組名・ロボット名であるサスライガーは控えめな表記にとどまっています。

こちらはオリジナルパッケージにステッカーが貼られた台湾版で
MADE IN TAIWANと表記されています。
(ステッカー剥がれかけです・・・)

ステッカーの下には
「2タイプに変形するリアルメカニズム!!」とキャッチコピーが入ってます。

どういった事情でこのような仕様になっているのかは残念ながら不明。

箱はタカトクバルキリーでおなじみのシボ加工がされています。

他にもリアルタイプカラー版が発売されました。



ちなみに可変メカシリーズはサスライガーだけでなく
別アニメの1983年放送「特装機兵ドルバック」の玩具も
同じ可変メカシリーズで発売。



付属品
ビームライフルとミサイル4発



説明書



ステッカー
ステッカー未使用。
この頃に多くのロボ玩具に付属していたディテールアップステッカーです。





J9-V号(ジェイナインスリー号)
パッケージはリアルロボよりですが、中身は良い意味で玩具らしい
アメリカンタイプの汽車。

カラーリングは派手ですが細部までしっかり作り込まれ
車輪はすべて回転してコロ走行ができます。

これで窓とライトにクリアパーツが使用されていたら
バッチリだったと思います。













動輪ギミック
汽車玩具にあると嬉しいギミックですね。
コロ走行が楽しくなります。









「テイクサスライド・オン!!」




フロントを取り外しジョイントを収納します。



後部車輪を裏返し、足部分を延ばしたら
つま先を出します。



フロントを折り曲げ、ライトを倒し黒い先端部分を回転させます。



煙突部分を伸ばして折り曲げます。



黒い先端部分と胴体を縮めると頭部が出現。
胴体を最後まで折り曲げます。

収納されているボイラー安全弁?(黄色いピンのついた筒)はスプリングで
パシャッと展開するギミックがあります。



腕を取り付け、屋根を曲げて胸プレートにして完成。






サスライガー
腕の付け替えがあるものの余剰パーツなしで変形完了。
特に胴体の変形はかなり凝っていてSLから変形するロボット玩具としても
完成度は高いと思います。

頭部の造形も良く再現されていますが
ゴーグル部分が張り出してしまっているのが残念な点です。

ダイキャストは胴体と腰を繋げるシャフト部分に使用。



パンチ発射!



可動は肩、肘



ビームライフルにミサイルをセット
劇中のような変形ギミックはありませんが
細かい部分まで作ってあります。



ビームライフルを装備。



タカトクトイスのJ9シリーズを並べてみました。
左からバクシンガー、ブライガー、サスライガー。



さらに「群雄 動」と一緒に。






FUN TO TOY>>合金TOY
 update2015/12/16