ポピニカ コンバインボックス
コン・バトラーV ポピー




「 君もコンバイン計画に参加しよう!!編」





「コンバインOK!レッツ!コンバイン!!」




ジェットとクラッシャーが合体!
ジェットの車輪を押しながらクラッシャーに合体させます。
マグネットの磁力を使用。

頭部の耳部分?のブルーのパーツを回転させ
車輪を後ろ側にまわします。

バトルジェットはひっくり返したり、縦にするとジャイロの要領で
フェイスプレートが出現します!



クラッシャーとタンクが合体!
生産時期の違いかダイキャスト部分の接点が
うまく合わず非常に苦労します。



タンクとマリンが合体!
ここはスムーズに合体しますが、保持に磁力を使用している為
外れやすい欠点が・・・

マリンの電磁ヨーヨー部分を回転させて
車輪を後ろにまわします。



マリンとクラフトが合体!
クラフトの合体ジョイントをマリンにスライドさせます。







超電磁ロボ コン・バトラーV
ダイキャストをたっぷり使用した巨大合体ロボ!
超合金らしいプロポーションはまだ完成しておらず
まさにポピニカが合体したという感じです。

クリアパーツ、メッキパーツの装飾も高級感があります。

大きさは約30cm、重量は約1.2kg



合体強化ベルト
ベルトは腰の部分を中心に両肩部分にひっかけます。
ベルトはゴム製で劣化している可能性があるので
ひっかけている雰囲気だけです。

上記したとおりタンクとマリンの合体保持力が弱いため
欠点をカバーするために使用します。

飾っておくだけなら使用しなくても問題ありません。

ただし本体を持ち上げるときはマリンとタンクを持たないと
足の上に落としてケガする可能性があります。





交換パンチ(カセットパーツ)

手刀パンチ
指からミサイルを発射しているときの手首っぽいですね。



クラッシャーとドリル
クラッシャーは形状的にバトルガレッガー
ドリルはもしかしたら超電磁スピンをイメージしているかもしれません。
手持ち武器がないかわりにパンチのオプションが充実しています。



フェイスプレートの下には唇が!








コンバトラー戦車(グランダッシャー)
玩具のみのオリジナル重戦車形態。
のちに本編でも登場。
合体するだけでも凄いのにオリジナル形態まで
搭載しているサービス精神!










グッコレの南原ちずると一緒に

「グッコレ」とはCM'Sコーポレーションの
グッとくるフィギュアコレクションの略称です。



合体ロボの始祖的存在!
DX超合金ライディーンで実現した「変形システム」を経て
いよいよ登場した「合体」。

しかし合体したのは、同じ超合金シリーズではなく
メカに比重を置いたポピニカだったのが興味深い点です。

メーカーは違いますが同時期に
ブルマァクの「ジンクロン ダイアポロン」も登場しました。
こちらはロボの3体合体を実現。

ここから今日に至る合体ロボ文化がはじまりました!


FUN TO TOY>>超合金・ポピニカ
 update2015/10/02