GB-37 超合金クリスタルカット
黄金戦士ゴールドライタン復刻版 バンダイ
2007年発売 定価4900円
(オリジナル版 1981年発売 定価3500円 ポピー)



パッケージ
1981年放送のアニメ「黄金戦士ゴールドライタン」に登場する
ライター軍団のリーダーロボ。

こちらはドラえもん1979に続き、2007年に発売された復刻版です。
2重パッケージ(写真なし)になっており
中には忠実に復刻された箱(写真)が入っています。



赤いベルベット風の箱も復刻
たとえ子供のおもちゃでも徹底した高級感を演出。
通常の復刻なら省略されてしまいそうな部分ですが忠実に再現。



付属品
ミサイル、パンチ



クリスタルカット
クリスタルカットとはダイヤモンド刃をつかったカッターを使用する
高級ライターに使われている技術です。

さらに
通常の玩具なら金型を使いメッキ加工してしまうそうなんですが
本物の高級感を追求するために
金張りまで使用したそうです。(オリジナル版)

今回の復刻版も全く同じに見えるのでこの加工をしたのでしょうね。
非常に美しいです。



上下別々のパネルを開いて手と頭部、足を出します。




ゴールドライタン
シンプルな変形で何度でも遊びたくなります。

とくに足の部分は本物のライターを
開けるときと同じ様な感触になっていて
いつもの超合金の「カチャン」ではなくZIPPOなどの
「ギシュ」っとした音まで楽しめます。



ロボ形態でも美しい表面加工はそのままです。
クリスタルカットの陰影がくっきりと出ています。



ボタンを押してパンチを発射!
頭部まで四角い。この頭部デザインもインパクト大でした。



まえだれの内側にはミサイル発射装置がついています。
ミサイルを装着したままでも変形可能です。



オリジナル版と比較
左は復刻版、右は1981年のオリジナル版
オリジナルはかなり遊び倒し、経年もあるのでクスんでます。
ちなみに子供のときクリスタルカットを舌で舐めてました。
ピリっと金属の変な味がしたのを覚えてます(笑)
子供のすることは予想外です。



クリスタルカット比較
形状の違いはみられません。
オリジナル版はクリスタルカットやメッキ加工に
日本中のライター屋さんから仏具屋さんまで総動員して生産されたそうです。
復刻版はMADE IN CHINAですが製造過程はどうだったのでしょうか。



ロボ形態比較
腕のモールドが多少違うくらいで全体はほぼ同じです。
パンチやミサイルも復刻版から流用することができます。



内部比較
ネジのウケ部分や、ミサイル発射基部のモールドなどに
若干の違いがあります。

板バネが肩や頭部の接続部分に入っており
本物のライター同様の構造部分も同じです。



ゴージャスを極めていたDX超合金シリーズとは対極的に
ポケットに入るダイキャストなヒーローを貫いた超合金の原点回帰。





ゴールドライタン第一期復刻版



最初に6体セットを発売をしたのちに単品も発売
第二期版もプリントライタン以外は復刻されました。

これだけの数を忠実に復刻したのは快挙です。

FUN TO TOY>>超合金・ポピニカ
 update2015/05/16