DX機甲合体
ダイラガーXV ポピー
1982年発売 定価9900円



 
DX機甲合体ダイラガーXVセット箱(初期版)

1982年放送のアニメ「機甲艦隊ダイラガーXV(フィフティーン)」より
XV(フィフティーン)の通り15機のマシンが合体する巨大なロボ。

本製品は当初DX超合金での発売予定だったそうですが
15機合体にダイキャストを使用すると
安全面、コスト面がクリアできず
プラ製のDX玩具カテゴリーでの発売となったそうです。

とはいえ
15機完全合体を実現。

ほとんどがボタン解除式ロックの合体機構。

メタリック成型・塗装、クリアパーツ
メッキ、ゴムタイヤ仕様。

フリクション走行ができるギミック。

などなどを盛り込んだ非常に豪華で
ビッグサイズなロボです。

こちらは中蓋のある初期版です。

箱のサイズは縦55.5cm 横38.5cmの巨大サイズ。




DX機甲合体ダイラガーXV(後期版)
こちらは分割販売版にスリーブをかぶせ
1つにまとめた後期セット箱

箱サイズは縦53cm 横32cm
前期版よりもコンパクトになっています。



分割販売版
空、海、陸の3チーム5機にわけて発売されました。
本体に大きな変更はありません。
定価は各3300円。



3つならべると底部の箱絵が完成します。

他にも1部合体が省略されたDX超合金
非変形のスタンダード超合金も
発売されました。




説明書



シール貼り付け指示書
シール台紙は欠品です。




ラガー1
ゴムタイヤ装着、フリクション走行します。
キャノピーはクリアパーツ。



ラガー2
タイヤ後部のみゴム、フリクション走行。
側面にミサイル発射ギミックの跡があります。
オレンジのクリアパーツのコクピット。



ラガー3
ゴムタイヤ、ローターが回転。



ラガー4
ゴムタイヤ、ローターが回転。



ラガー5
クリアキャノピー、ゴムタイヤ
フリクション走行可能。



ラガー2のキャタピラを90度回転します。



ラガー2にラガー3、4を合体。
黄色いレバーは合体解除ジョイントです。



ラガー1を合体
ラガー5の底部の白いジョイントを展開して
ラガー2に合体させます。

ラガー2中央の赤いボタンは合体解除ボタンです。




クウラガー
クウラガーチームの5体合体!
空中要塞みたいですね。





ラガー6
ゴムタイヤ、コクピットはクリアパーツ



ラガー7
後輪のみゴムタイヤ
コクピットはクリアパーツ



ラガー8
後輪のみゴムタイヤ
コクピットはクリアパーツ



ラガー9
後輪のみゴムタイヤでフリクション走行します。



ラガー10
後輪のみゴムタイヤでフリクション走行します。



ラガー9、10の機首を回転させ
側面中央の白いパーツを押し出します。



ラガー6にラガー9、10を挟みます。



最後にラガー7、8を合体させます。




カイラガー
カイラガーチーム5体合体!
純粋にパワーアップ戦艦っぽくて素敵です。





ラガー11
ゴムタイヤ、コクピットはクリアー



ラガー12
ゴムタイヤでフリクション走行
キャノピーはクリアパーツ



ラガー13
ゴムタイヤでフリクション走行
キャノピーはクリアパーツ



ラガー14
キャノピーはクリアパーツ
フリクション走行



ラガー15
キャノピーはクリアパーツ
フリクション走行



ラガー11の底部からジョイントを引き出し
ラガー14、15をスライドさせ合体。



ラガー11の側面を押しこみジョイントを出し
ラガー12、13を合体させます。




リックラガー
リックラガーチーム5体合体!
他の2チームに差別化された合体で
インパクトがあります。

拳を突き出したままのスタイルが
カッコよくて大好きです。






「NEXT 今はじまる戦慄の15機合体!!編」



FUN TO TOY>>超合金・ポピニカ
 update2015/08/23